Little Curly

サークルLittle Curly/詠野万知子のBLOGです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 白夜港に行きました

■白夜港に行きました(2019.12.28

https://sites.google.com/view/byakuyakou/

 

●イベントについて

Portowal birch さん と fragment edge さんが催した、ライブとお芝居の融合空間のような、ライブを観に行ったつもりがそれを含めてひとつの演劇作品だったかのような、不思議な感覚のイベントでした。

 

私がPortowal birchさんに出会ったのは、fragment edgeさんの舞台音楽がきっかけでした。

Portowal birchさんの、作品世界への没入感を高める音楽がとても好きです。空間で鳴る音はすごく心地よくて、なんともいい感じなんですね…。fragment edgeさんの舞台のサントラは、作業の集中力を高めテンションを上げる、よいBGMとして力をもらっています。

 

●会場について

会場は都内某所の古民家です。
部屋の中ではストーブが焚かれていて、その上では薬缶がくつくつと湯気を立てていました。照明は限られていて、照明にあふれた夜の街よりもずっと暗いです。手元や周囲はちゃんと見えるかんじで、自然の中の月明かりを頼りにする原初的な夜はこんな暗さかもしれないですね。

ストーブのその匂いや音は「懐かしい」の塊でした。小学生くらいのときは、学校でこんなストーブを使っていたような…。

思い出の中に足を踏み入れた経験というかんじで楽しかったです。
畳と木の温かみのある部屋は、窓を隔てて庭に面していて、そのお庭もとてもよい雰囲気です。

創作活動を「船旅」に例えるかんじが、なるほど、いいなあ〜と思いました。
いろんな港に集うような。
あるいは大海にぽつんと漂うような。

孤独に海原を航海する⇒たどりついた港で人と出会う
というのは
作品制作期間⇒発表の場
みたいなイメージに結びつきます。

自分の創作は何に例えられるかなぁと考えましたが庭作りかもしれません。
種まきをしています。
畑で採れたものを味わってもらえれば何よりです…あるいは、分けた種が根付くことがあれば…

 

●ライブのこと
歌はマイクを通さぬ肉声で、かすかな吐息の音まで届く距離、
これは聴く方も緊張感があります…が、それは集中力に変わります。
些細な挙動で場の静けさを壊してしまいそうで、ちょっと怖い空気感のなか、でもそれを苦にすることもなく、静かな音楽を味わっていました。
とても贅沢な時間を過ごしたと思います。

・流れる
会場は、湧水の出る場所。
水は、流れる。
音楽も、その場に流れる。
時間はとめどなく流れるもの。
一瞬たりと戻ることの叶わない、常に流れ続ける空間で、それでもとどめておきたくなるような素敵な時間を経験しました。

とても心地よい音に包まれる瞬間に、留まりたいと願っても、それは叶わない。そんな瞬間の連続でした。

●朗読劇『庭星鳴路』


「庭」を演じるのが印象的です。
演劇は、人間ではないものを演じるのが楽しいです。
演じるのはフラグメントエッジの柳瀬晴日さん。
直近では切れ味の鋭いお嬢様が印象深かったのですが(禽獣のクルパ)、今回は穏やかな老女を演じています。静寂のなかにひっそり在る、その姿が醸し出す存在感から「老女」という雰囲気で、すごかったです…。

静かに語る老女のもとに訪れるのは、キュートな猫。旅する猫。
庭と猫の出会い。ささやかなメルヘンがとても大好きな雰囲気です。
庭は歳経た老女でしたが、純粋な、少女のような無垢な性質を持ち合わせた雰囲気を感じました。

猫は人懐っこくてとてもかわいい、身のこなしもほんとうに猫のようでした。猫役は脇本美咲さん、軽やかな猫らしさがかわいかった…
かたちが異なる者同士が寄り添うのはとてもいい…しみじみ沁みます。

 

輪唱していく朗読もとても新感覚で楽しくて、またこういうのを観てみたいなと思いました。


●湧水を沸かしたお茶をいただく
ライブの最後は、演者と参加者みんなで湧水で淹れたお茶をいただきました。ほんのり甘く優しい味で、すごく美味しかったです…。なんとなく儀式めいたかんじがあり、今夜だけの秘密を共有した気分が、冒険的なわくわくした子供心も抱かせて、絵本の世界なかんじで楽しかったです。
場をともにできて、嬉しかったです。

港に集い、またそれぞれの旅を続けて行く。
粋な演出によって導かれた物語めいた一日がとても楽しかったです。

 

ここでお茶を共にした方々と、いつかどこかの港で、あるいは船で、また偶然ふと出会う日がきたら素敵だなと思いました。

私も旅を続けます。

 

 

■Innocent Forest「眠れる場所」、ぜひ!!!!

朗読CDを作る際に、念願の(念願の!)楽曲作成をPortowal birchさんにお願いしました。下記はそのサンプルです。

Innocent Forestを知ってる人も、知らない人も、Portowal birchさんの音楽、めちゃいいぞ、なのでご紹介します。

⇒BOOTH|忘れたい物語

生で聴けたの本当によい思い出です…!ありがとうございました!!

| comments(0) | - | 12:34 | category: 感想 |
# 「龍の歯医者」を観た

 

【龍の歯医者】

 

「龍」が存在する世界。

龍は人を助け、人は龍を助ける契約関係があるという。

巨大な龍と移動を共にして、日々龍の歯を守る「龍の歯医者」の新米・野ノ子は、

「歯の中から生き返って来た」少年ベルと出会う。

 

和テイストで独特な設定がありながら、

そこで地道に生きる人たちの姿が描かれていて、

スケールが大きいような、でも身近なような雰囲気があります。

 

・鶴巻監督×榎戸脚本 が好きなんです
新作が観られて幸せで、

この世に好きなものがまたひとつ増えた喜びで、ずっと嬉しい気分が続いています。

 

2014年、「日本アニメ(ーター)見本市」で、久方ぶりに

「エヴァ」関連ではない鶴巻監督の新作が拝見できて非常に嬉しかったものですが、

今回は90分の新作長編、贅沢すぎでした。ありがとうカラー…。

(勿論エヴァも面白いし、待っているんですが。なんだかんだと言われているQも、好き)

 


・「フリクリ」「トップをねらえ2!」も、

どれだけスケールの大きな物語でも、

核心となるのは身近で普遍的な感情だったりして、とても好きです。
なので、「龍の歯医者」も非常に良かった…。

・自分にできない生き方をしているひとに憧れる。わかる〜。って思いました。

・ベルのナレーションの続くシーンは、

トップをねらえ2!の最終話、お姉さまとヒバリを見に行く語りを思い出しました。

クライマックスシーンに挿入される、ぐっと穏やかな語りがすごい好き。

・昨年、

「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」を観に映画館にも足を運びましたが、

そのときは「ME!ME!ME!」がラインナップに入ってなくて、悔しい。

見たかったです。「ME!ME!ME!」はVRになって、股下ゲートをくぐらせてほしい。

・海外アニメのようなキュートなキャラデザ(竹さん!)の「I can fly day by day」も、

フリクリの組織『メディカルメカニカ』が登場していたり、

ファンには嬉しいコネタがあって嬉しかったです。

物語は単純に観ると少年少女の三角関係なんだけど、

それを宇宙人の戦争と重ねていて、

思春期の感情を大仰に表現する「鶴巻&榎戸」のうまみを味わえて楽しい〜。

 


■下記は、本編ネタバレ含む感想です。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:01 | category: 感想 |
# 見たものメモ

■記憶の棘

十年前に死んだ夫だと自称する少年と出会う未亡人の映画。あらすじを見て軽率に「おねショタじゃん!」って気持ちで見たら非常に落ち込む結果になった。つらい。おねショタシーンはありました。(いっしょにお風呂とか。) 少年役の子の演技は完全に「人生何周目?」っていう迫力があって、見た目は子供・中身は大人感すごかったです。

 

■岸辺の旅

死んだはずの夫と一緒に旅をする物語。原作小説が好きで、映画館で見そびれていた作品。独特の死生観というか、幽霊の存在感が不思議で面白いのです。死者が生前と同じように社会生活を送っている、という、それはそれで救いがないような…。夫の浮気相手を演じる蒼井優ちゃんが只者ではない嫌味を帯びていて怖かったです。

 

■ぼくを探しに

旅に出たりはしない。謎のハーブティと音楽で記憶を蘇らせてくれるあやしいおばさんを頼りに、言葉を喋れないピアニストが自分の過去を取り戻すお話。盲目の調律師もいいキャラでした。思いがけずミュージカル調なシーンが挿入されて楽しい。音楽もいっぱいで、主人公が喋らない割ににぎやかな映画でした。面白かった〜。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:20 | category: 感想 |
# 坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME"

坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME" 行ってきました。

坂本真綾さんは、アニメオタクのわたしには、どちらかというと声優さんとしての存在感のほうが大きかったです。「トップをねらえ2!」が大好きで。(お姉さま!)
歌っているのももちろん知っていて「少年アリス」の頃から時々聞いていましたが、よく聞くようになって歌手として意識したのは近年になってからでした。


「約束はいらない」
この曲をそれまでも聞いていたのに、なぜか急にツボにハマって「天空のエスカフローネ」のDVDを集め始めたりというのが2013年頃で、以来ずっとライブに行く機会を心待ちにしていたので、今回は念願かなってのライブ、念願かなっての生「約束はいらない」に感無量です。これを生で聴くまで死ねないと思っていたので将来的には未練なく成仏できそう。(菅野よう子さんのピアノに焦らされて満を持して、という演出も楽しかった。)

「少年アリス」からの楽曲は懐かしさもありつつ、でも当時とは全然違う新鮮な印象を受けました。
ごく最近の曲ほどノーチェックでしたが、「幸せについて私が知っている5つの方法」も「色彩」も、とくに歌詞が頭に残って…、歌を聴いてこんなに言葉が印象に残ったライブというのも自分のなかでは珍しくて、刺激的な体験でした。

いままで何気なく流して聞いていた歌詞、言葉を、ライブで聴くことで改めて意味が実感できて、すごく印象に残ってます。
また機会をみつけて足を運びたい、生で真綾さんの言葉を聴きたいです。

*メモ
はじめてヘビロテした坂本真綾さんの曲はWOLF'S RAINの「cloud9」!
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:28 | category: 感想 |
# 映画「秘密の花園」
■映画「秘密の花園」(1993)
   
多分まだ年齢が一桁のうちか、二桁になってすぐのころ、祖母の家で「秘密の花園」を見ました。
メアリーが鍵を見つけるシーンが強く印象に残っていて、心ときめいてました。
 
 「おばあちゃん。昔、秘密の花園の録画ビデオ見せてもらったよね。あれまた見たいんだけど」と言ったのはそれから数年後のことですが、「見せてないよ」と返され、長年、「じゃああの映画は秘密の花園ではない何かだったのか…」と思い込んでいました。
 
その後文庫で読んで間違いなくあの映画は「秘密の花園」だろう、という見当はついたのですがなんとなーく意識の外にいったまま、先日ようやく見ました。
ほんとに記憶通りの「鍵を見つけるシーン」を見たときはドキドキしてしまいました。(嬉しかった。 
 
今更言うまでもないくらいの名作映画ですが、すばらしい映画でした…画面の前で深呼吸したいな…。
オープニングテロップのあいだずっとメアリーのお着替えシーンで、二人の使用人に甲斐甲斐しく着付けられていて、それだけでももう大満足です。(ドロワーズと靴下をボタンで繋げる、その隙間から見える太股。かわいい。)
 
メアリー一択かと思われていましたがいざ見るとメイドのマーサが超、超、超かわいかったです。超、超、超、かわいい。この人、絶対優しい、裏表がなくて素直で、ちょっと空気読めないかもしれないけど悪意はなくて親切心からの言動で…と、そう思わせる顔立ちでした。天使、と思った…。天使だった…。


■ミュージカル「秘密の花園」
 
ミュージカル版秘密の花園もCD購入して聴きました。すっごく…いい…。いい…!
木管楽器で鳥の鳴き声を表現してる部分、舞台で見たらすごく楽しそうです。

メアリをひきとったクレイブンおじさまが「この子瞳が亡き妻そっくり」って素晴らしい歌声で訴えてくるのすごく捗りますね…おじさま×少女ほんと…すき(※そんな話ではない)全体的に男声が印象的なCDだった〜
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:06 | category: 感想 |
# 「MIMI et MEME」
■MIMI et MEME


見てきました。
真っ白い服を着た5人組による演奏とパフォーマンス。
演奏のテンションの高さ、フリーハンド感溢れるアニメーションの不気味かわいさ、パフォーマンスとの融合感、どれも楽しかったです。

ほんのり溢れるストーリー性に胸のときめきが止みませんでした。好きなやつだったすごく…。

スポットからもわかるように「うさぎ」がモチーフのひとつになっています。

ぴょんぴょん飛び跳ねるシルエットのうさぎ。
うさぎが少女の心臓なのかな、と思ったのは当日のパフォーマンスを見てからでした。
ステージでは、スクリーン(※壁)に体を重ねたパフォーマーの胸のあたりに投影されていて、
跳ねるさまが心臓の鼓動のようだな、と思ったのです。

アニメーションは、演奏される楽曲のPV的な雰囲気のものもあり、
フォーマンス前提で構成されたものもあり。
後者は女の子の体の動きにあわせたアニメーションが、星が跳ねたり輝いたり、かわいかったです。(勿論、アニメーションに合わせて、パフォーマーの女の子が動くのですが。)

そのうちひときわ好きだったのが、屋敷の少女のアニメーション。
スポットの映像でも印象的でした。覗き見しているようなかんじと、気ままな少女たちの暮らし。
「Total Balthazar」に乗せて展開するアニメーションから、以下のような内容なのかなと想像しました。

>屋敷に住む何人もの女の子とウサギ。それぞれの暮らし、関係性。
>そして屋敷の隅の秘密。食事をする女の子。でもそれは何の肉?
>屋敷の周囲に十字架が並ぶ、いったい誰のお墓なの?


完成度の高いショートストーリーの雰囲気を感じていました。
すごくわくわくした…!

ラストひとつまえの曲も、アニメーションがすごくかわいくてかっこよくて。
手から落ちたリンゴ、くだけてウサちゃんリンゴになって、それからほんとのウサギになってぴょんぴょん駆け出す。その発想、あの一連のアニメーション、好きすぎでした。

スポットで女の子がネズミを縄跳びさせているのですが、そのアニメーションは座席の都合であんまりよく見れず…、やっぱり女の子たちを覗き見しているような演出にドキドキしました。
縄跳びネズミ、すごいかわいいよ…かわいい…。

今あらためてスポットを見ても、細かいところまでこだわってあって可愛くて、じっくり眺めてみたいです。(「鹿の頭の壁掛け」ならぬ「ウサギの上半身(?)の壁掛け」…かわいすぎる)登場する部屋それぞれのインテリア、かわいすぎる…。

全体的に無邪気な絵本みたいな印象なのに、微妙に漂う不気味な雰囲気が、とても好みでした。

まだときめきが止みません。
(かわいい、かっこいい、好き、しか言えてない)

もう1回、見たい!!

■次回開催予告?


ゾロ目の日を、カレンダーでチェックしてしまいました。
期待!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:08 | category: 感想 |
Categories
Archives
Search this site
Sponsored Links